壊れた小鳥







結局、那伊と藍零は釣りにきた近隣の住民に発見され、すぐに王宮から医師と兵士がかけつけ、二人を引き取っていった。
幸いにも、那伊は頭蓋骨を骨折することなく、怪我は出血の割にはましだった。問題は、藍零のほうだった。
発見した住民さえも言葉をなくすような、強姦されて輪姦された少女は壊れたように呻くだけで、何も瞳に映していなかった。

医師によって体内の精液を出され洗われたが、それにさえ反応しない。
外傷は擦り傷や打撲といったもので、たいしたことはない。
那伊がやっと動けるようになったとき、藍零の部屋にいって、藍零に話しかけても、藍零は虚空を見続けるだけで反応しなかった。

「藍零!!私のせいだ。私がついていながら!!」
那伊の嘆きはどれほどのものであったろうか。
食事さえ満足に喉が通らぬほど、那伊は憔悴していく。

「うあああ・・・・・」
体を清めてやり、衣服をかえて食事をさせて。
懸命な那伊の看護が続いたが、変わらず藍零は意味不明な言葉を零すだけで、あれほど慕っていた那伊のことも認識できぬ有様であった。
見かねた医師が、藍零を手放すようにと進言したが、それに那伊は怒り医師を牢に入れたほどであった。

壊れた小鳥は、もう歌を囀ることはないのだろうか。

水色の瞳から、時折涙を零す藍零。
ほとんど眠ったままの日々が多くなった。このままでは、藍零が死んでしまう。食事さえとらなくなってしまった。
藍零が死んでしまう。私の愛しい小鳥が。歌姫が。愛しい藍零が。

意を決した那伊は、藍零が襲われてから1ヶ月経とうとした満月の夜に、藍零の寝室を訪れると、衣服を脱いだ。
「藍零。私はここにいる。帰っておいで」

「うう・・・・あ?」
藍零は瞳を開いたが、焦点が合っていない。

構わず、那伊は藍零に口付けた。
はじめての、口付けであった。長い間藍零の冷たい唇に唇を重ねていた。
それでも藍零の反応はない。

「藍零、愛している」

確かな膨らみをもった胸をなで、きつく先端に吸い付いた。
こんな時だというのに、藍零の美貌とその肢体にドクドクと那伊は欲望を感じていた。藍零を異性として認識したことはなかったのに、いざとなるとこんなに狂おしいほどに支配欲をかきたてられる。

「藍零」
「ふ・・・ああ」

藍零の胸を愛撫し、臍に甘く噛み付き、どんどんと頭を下にずらしていく。そこに、淡い蒼銀の茂みを見つけて、那伊は躊躇することなく、藍零の少女の花弁に吸い付いた。
何度も中に舌をいれて、こねるように動かすと、藍零の顎から唾液が滴り、甘い声が混じった。
「うあん、あああっ」

確かに、藍零は感じている。誰でもない、那伊の愛撫を。

「藍零。一つになろう。愛している。お前を妃にする。私が」

藍零の蜜を零す秘所をひたすら舌で愛撫し続ける。ついには、起ちあがってしまった幼い少年の陰茎まで口に含んだ。藍零のものだと思うと、嫌悪感も何もなかった。ただ愛しい。
何度も舌で愛撫すると、藍零の体が震えた。

「あ、あーーー!!」

白い精液を、那伊は躊躇することなく飲み下した。射精の余韻に震える体を抱きしめて言葉をかける。

「藍零。愛している。帰っておいで」

何度も繰り返し囁いて、那伊は猛り狂った己を、藍零の中に突き入れた。
なるべくゆっくりと。
藍零の中は暖かくそれでいてきつく、処女のようであった。見知らぬ男たちに処女を奪われ、大量に血をだしていたそこは、今はゆっくりと那伊のものをしめつける。

零れ落ちる蜜が、シーツに染みをつくる。

「藍、零・・・・」

ただ、挿入しただけなのに、それだけで射精間が高まってくるほど中の具合は最高だった。

「く、藍零、すまない・・・・・」
「あ・・・・・あ?」
「藍零?」
「あ・・・ア・・・壊されてる・・・・藍零、壊されてる・・・・」

「違う、私だ藍零!」
那伊は、藍零を揺さぶった。秘所の中で、熱がはじけるのと同時だった。

「でん・・・・か?」

「そうだ。藍零。お前を妃にする。全ての責は私が負う。だから、今は私に身を委ねなさい」

「ああっ、でんか、あ、あ!!!いやあああ、ああああ、あああああ!!」

藍零は全身をわななかせた。
そして身をよじるが、那伊がそれを許さなかった。


NEXT